目指せ横顔美人!もみあげ脱毛入門

脱毛

もみあげは形や長さ、量によって顔の印象が大きく変わるものの、自分で整えるのには難しい部位です。

今回は理想のもみあげの形からおすすめの処理方法まで、横顔美人を目指すための情報お伝えします。

1・もみあげ脱毛の基本情報

もみあげは、特に意識した髪型でない限りわざわざお手入れするほどでもない、という人も多くいるのが現状だと思います。

しかし、顔の輪郭にも影響するもみあげは立派な髪型であり、人の顔は真正面より横顔のほうが大多数に見られることから、思っている以上に重要な部分なのです。

もみあげには、あえて残すことで小顔効果を出したり、すっきりさせることでヘアスタイルとの一体感が生まれます。

1:1 理想のもみあげとは

では、理想のもみあげとはどんなものなのでしょうか?
もみあげの脱毛する際「無くすのか」「整えるのか」というところで悩まれるのが多いと思います。

クセがついているくらいの方だと「ツルツルに無くしてしまいたい」という気分になるかもしれませんが、安易にツルツルの無毛にしてしまうのは危険です。

一度脱毛をしてしまうと、サロン脱毛でさえ少なくとも数年以上は生えてこなくなってしまうので、まずは形を整えることを考えましょう。

・もみあげの形は顔の形や普段のヘアスタイルを参考に

理想のもみあげの形は先の丸い逆三角形、長さは耳たぶの横くらいです。
丸みをおびて、先に行くほど薄くなるのがいいですね。

あまり長すぎると男性的に見えてしまいますし、まったくないと顔の横幅が強調されてしまいます。

ただ、必ずこの理想形がいいというワケではなく、顔の形によっても似合うもみあげの形は変わります。ではタイプ別に見ましょう。

①エラ張り・三角タイプ

エラが張った人やアゴの細い三角顔の人は、長めのもみあげがおすすめです。

②面長タイプ

反対に面長の人は、もみあげを長くすると顔の長さが強調されてしまうので、理想の形より短めでもいいでしょう。

また髪型でもおすすめするもみあげの形が違います。

①ロングの場合

ロングヘアの場合は髪型のアレンジが多いので、自分が最もよくするヘアアレンジを基準にもみあげの濃さや長さを決めましょう。

仕事などの都合でカッチリとまとめることが多い場合は、もみあげも薄く短めにすると、清潔感がアップしますし、スタイリング時間の短縮にもなります。

ゆるふわで編み込んだり、襟足やサイドを残したりするスタイルが多い方は、もみあげもすこし長めにしておくとルーズ感を上手に出せます。

②ショートの場合

ショートヘアでは、ロングよりもみあげを気持ち濃いめに残すと、全体とのバランスが取れます。

ちなみにもみあげがツルツルになると、ヘルメットのような印象を与えてしまうので、必ず残しましょう。

長さは、ベリーショートでは理想より少し短めの耳の穴くらいがちょうどよく、襟足が長め・ショートボブスタイルでは、耳たぶ程度までもっていくと髪型と合ったバランスになります。

ショートは顔の形が影響しやすい髪型なので、さきほど解説した顔型とのバランスも考えて長さ決めれば、小顔効果もバッチリです。

では次のセクションからは、もみあげを理想の形にするための、具体的な脱毛方法について解説していきます。                                        

1:2 もみあげ脱毛の自己処理方法

実はもみあげに関てはセルフでもお手軽に出来るのも特徴です。もちろんプロにお願いしたらそれだけキレイに仕上がりますが、どうしても時間がないという場合に自己処理できることは便利です。

自宅でケアする方法で使用するものをご紹介します。

・電気シェーバー
・カミソリ
・はさみ 
・ピン・ゴムなど髪の毛を留めておくもの
・コーム
・アイスブロウorアイライナー
・小さめのハサミ
・電気シェーバー

電気シェーバーが手元にない場合はI字カミソリでも可能です。
でも、I字カミソリは力加減が難しく肌を傷つけやすいので、お手入れの時にはガードのついた肌に優しい電気シェーバーがおすすめです。

もみあげを自己処理する手順は以下の通りです。

①サイドの髪をピンやゴムで留める

②コームでもみあげを整える

③もみあげの長さを決めてアイブロウやアイライナーで目印をつける

④目印に向かって細かくなるように余分な毛をはさみでカットする

⑤カットした後にはみ出ている部分を電気シェーバーで剃る

ポイントは、アイブロウやアイライナーで印をつける時、左右で同じ高さに揃っているかを左右と正面の両方から確認すること。

そうすることで左右非対称になってしまうという失敗がなくなります。
ちなみに、自然な仕上がりを目指すのであればシェーバーは上から下へ優しく動かして剃るといいでしょう。

★※注意※自己処理では基本的にもみあげの横幅は変えないこと!

もみあげの横幅を処理するのは難しく、不自然になってしまいがちなので自己処理では長さと量のみ変えるようにしましょう。
横幅を挟めたい場合は脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛がおすすめです。

・もみあげを自己処理することのデメリット

手軽にできることが最大のメリットではありますが、もみあげを自己処理することには以下のようなデメリットもあります。

・剃ってもすぐに生えてくる

・長時間続けると色素沈着(シミ)になりやすくなる

・肌荒れやニキビの元になりやすい

もみあげを整えることでアップのヘアスタイルやショートヘアでもぱっと見の印象が良くなりますが、自己処理ではどうしても次々と毛が伸びてくるなど見栄えが悪くなりがちです。

しかしもみあげ脱毛をすることにより、毛自体が生えてこなくなるため、毛が残る&毛が伸びてくることによる見栄えの悪さを気にしなくてもいいようになります

反対にデメリットは脱毛の時のデザインや毛の濃さを失敗してしまうと失った部分は取り返せなくなるということです。

1:3 もみあげ脱毛にかかる料金と回数

【脱毛サロン】

脱毛完了までの料金目安:9000円~25,000円

脱毛完了までの回数目安:6~8回程

【医療脱毛】

脱毛完了までの料金目安:8500円~25,000円

脱毛完了までの回数目安:1~3回程

もみあげ脱毛の場合は「毛の量を減らす・整える」という目的ですが、もしもみあげの毛をすべて無くしたい場合はもう少し回数が必要になります。                        

医療脱毛の場合は1回でも効果が大きく出るため、一気に毛がなくなって生えなくなってしまったというケースがあります。

そういった点から毛の量を少なくしたい人には向きませんが、形を整えるだけであれば効果が出るのが早いため医療脱毛がおすすめです。

反対に脱毛サロンの場合は効果が出るのがゆるやかですので、全体の毛量を効果の度合いに応じて調整しやすいです。

ただ、医療脱毛に比べて回数がかかりますので、少しずつ様子を見ながらもみあげの形や毛の量を整えていきたい人には脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。

2・もみあげ脱毛をしたいと思ったきっかけ

最近では良く聞くようになりましたが、もみあげを脱毛するのはVIOや脇などよりは正直メジャーなイメージはありませんでした。

では、何故最近になり世の女性はもみあげを脱毛しようと思ったのか、きっかけを紐解きたいとおもいます。

①目指せ!浴衣美人、似合う女性になりたい
浴衣美人
②恋人ができた・・・キレイな自分を魅せたい!

③結婚パーティー、婚活パーティー。着飾ったパーティードレスを着るとき気をつけたい

④恋の予感・・・初告白!その時のために

⑤ジムでトレーニングスタイルでも恥ずかしくない!

この5つがランキングに組み込んでいた”もみあげ脱毛したい理由”です。
「もみあげ」といえば…やっぱり気になるのは浴衣のとき。
まとめ髪の横顔をきれいに見せるには、もみあげのケアも欠かせないですね。凄く納得が行く理由です。

「恋人ができたとき」もランクインしていました。横に並んで彼がこっちを向いたとき、「あれ、いつもと違う?」ってドキッとしちゃうかも。
さりげなく髪をかきあげるしぐさも、もみあげがきれいだと魅力アップ間違いないですね!

もちろん、憧れのあの人に告白するときも、もみあげケアは気になるポイント。
こちらもランクインしていました。

「ヘアスタイルを変えたのに、なんか違う?」って思ったときは、もみあげのケアがポイントかもしれません。さっそく鏡でチェックしてください!

すべての理由が、女子力UPへ繋がる考えるとやはりもみあげ脱毛は必須になっていきますね!

3・もみあげ脱毛のサロン選び

もみあげ脱毛をしよう!と思い立ったら、どこに通うかを決めなければなりません。ここでは、もみあげ脱毛をするときのサロン選び方についてご説明します。

・脱毛サロンの選び方

脱毛は医療機関で行う「レーザー脱毛」か、サロンで行う「光脱毛」に分けられます。以下に「レーザー脱毛」と「光脱毛」の違いについてご説明します。

医療脱毛では効果の高い機器を使用できる分、肌への刺激はかなり強めです。痛みに敏感な方などは刺激が強すぎて、続けて通うのが難しくなってしまうこともありそうです。

一般的なサロンで行う「光脱毛」は「医療脱毛」と比較すれば刺激や痛みは弱めですが、毛根を破壊して毛を生えにくくするというメカニズムはレーザー脱毛と大きくは変わりません。

人によっては、サロンの「光脱毛」でも痛みを強く感じることがある場合があります。特にもみあげはデリケートな部位ですから、「痛みの心配はないか」「続けられるかどうか」にも十分気をつけながらサロン選びをしましょう。

・痛くないもみあげ脱毛なら「ハイパースキン脱毛」がおすすめ

もみあげ脱毛はお顔の一部ですから刺激による痛みも気になりますし、痛みにより途中でもみあげ脱毛をあきらめてしまうことも避けたいものです。

痛みが少ないとうたっている脱毛法は数多くありますが、「とにかく痛みが気になる」「敏感肌で肌へのダメージが気になる」という方には「ハイパースキン脱毛」がおすすめです。

ボディの脱毛で痛みを我慢できた方でも、顔の痛みには敏感!という方が多いもの。「ハイパースキン脱毛」では、脱毛できる上にフォトフェイシャルと同じメカニズムで美肌効果も期待できます。

「フォト美顔」の光が大きな特長です。脱毛しながら、通うごとに美肌になれる「ハイパースキン脱毛」で、もみあげのムダ毛処理と同時に美肌も手にしちゃいましょう!

まとめ

女性的なもみあげは「先の丸い逆三角形」が理想の形。長さは耳たぶよりも短いほうが女性的で横顔も美しく見えます。

自己処理をする時は左右の長さのバランスに注意が必要ですが、長期的に美しいもみあげの形や長さをキープしたいのであれば、自己処理よりも脱毛することがおすすめです。

もみあげ脱毛をすることで一度脱毛完了するともう毛が生えてこないため、再びもみあげを長くすることはできなくなりますが、自己処理が楽になり美しいもみあげをキープできるというメリットがあります。

医療脱毛は効果が出るのが早いため、1回でほとんど生えてこなくなるケースもあり、毛の量を減らす目的にはあまり向きません。しかし、少ない回数で脱毛完了が可能になっている為、もみあげの形を整える時だけであれば医療脱毛がおすすめです。

反対に脱毛サロンのもみあげ脱毛は効果が出るのに時間がかかりますが、全体の毛の量や形を調整しやすいので、状態を確認しながら形を整えたい人におすすめです。

もみあげを整えれば横顔が美しく生えるだけでなく、正面からの印象も女性らしく変わることができます。

目指せ!横顔美人!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました